赤ちゃんや子供の柔らか肌 乾燥肌対策のポイントは



保湿クリームランキングおすすめ情報局




赤ちゃんや子供の柔らか肌 乾燥肌対策のポイントは



赤ちゃんや子供の肌は、

毛穴レスで柔らかく、

ぷるぷるに潤っているので

乾燥とは無縁のように思えますね。


赤ちゃんや子供の柔らか肌 乾燥肌対策のポイントは


ですが、小さいうちは

大人の皮膚よりも層がとても薄く、

皮膚の厚みは1/3しかありません






そのためとてもデリケート。



ですので、気温や湿度の変化、

特に乾燥にとても敏感
です。

ちょっとしたことで乾燥しやすく

肌トラブルを起こしやすいのが

赤ちゃんのお肌なのです。





肌が乾燥するとかゆくなるので、

赤ちゃんや子供は

無意識に掻きむしってしまい、

そこから細菌などが侵入します。



細菌のせいでさらにかゆみが増し、

そこを掻きむしると

肌を防御するための

バリア機能が破壊されるため、

最悪の場合は

アトピー症状まで

悪化することが
あります。





こんなことにならないためにも、

赤ちゃんや子供の柔らかい肌を

守る乾燥肌対策を行いましょう。







赤ちゃんの肌はバリア機能をサポートする成分を



赤ちゃんや子供は、

皮膚が薄いだけではなく、

皮脂膜など肌を乾燥から守る

バリア機能も未熟
です。


赤ちゃんの肌はバリア機能をサポートする成分を


ただし、大人の乾燥肌のように

保湿成分が減少したり

ダメージのせいで

バリア機能が低下している

状態ではありません。





ですので、美容成分を与えて

保湿するのではなく、


バリア機能をサポートする

油分が入った保湿クリームで

ケアをしてあげること


重要なポイントです。





赤ちゃんや子供に使う保湿クリームで

一番大事なのは、

低刺激で天然成分が

配合されていること
です。



添加物がたくさん入っていると、

大人の肌よりも

大きな負担をかけてしまいますし、

肌の機能の成長にも

悪影響になります。





シンプルな成分配合でも、

バリア機能をカバーできる

油分が入っている保湿クリームなら

十分なので

ベビー専用の保湿剤を選びましょう。







入浴後はすぐに保湿ケアを



そしてもう一つ大事なのが、

保湿クリームを塗るときは

肌を清潔にしておくこと
です。



汗や汚れが残っていると

保湿クリームが浸透しませんし、

かゆみが引き起こされてしまいます。


入浴後はすぐに保湿ケアを


体を洗う場合、

ゴシゴシこすったりすると

皮脂膜が落ちてしまって

赤ちゃんの肌も乾燥しますから、

手で優しく洗ってください。



そして、体を洗った後は

肌の水分がどんどん蒸発して
しまいます。



水分をしっかり拭いたら

すぐに保湿クリームで

ケアするのを習慣に
して

赤ちゃんや子供の柔らか肌を

乾燥から守ってあげましょう。