美容オイルは保湿ケアに効果があるの?



保湿クリームランキングおすすめ情報局




美容オイルは保湿ケアに効果があるの?



一昔前は、使う肌がべたつく

使い勝手が悪いなど

良いイメージがなかったオイルですが、

ここ数年、美容オイルを使った

スキンケアが人気
です。


美容オイルは保湿ケアに効果があるの?


オイルはいろいろありますが、

美容オイルとしてよく使われるのは

植物由来のオリーブオイル、

ココナッツオイル、

ホホバオイルなどです。





使い方は多種多様で、

スキンケアの仕上げに使ったり、

メイクアイテムに混ぜたり、

マッサージに使ったり、

洗顔後すぐに塗る方法が一般的です。







美容オイルは保湿効果も高い!



美容オイルは、

ファンデーションに混ぜると

密着度が高くなり

化粧浮きしにくく
なります。



また、洗顔後に使うと

化粧水の浸透力をアップさせる
など、

使い方によって

その効果は異なります。





しかし、美容オイルが

これだけ高い

人気を得るようになったのは、

やっぱり保湿力を高める効果に

優れているから
です。







美容オイルは肌なじみもよい



美容オイルは

肌に馴染まない方も多いようですが

実は肌は油分との親和性が高いのです。


美容オイルは肌なじみもよい


肌の表面は、皮脂と汗が

混ざった皮脂膜で覆われています。



皮脂膜の主成分は油分ですから、

そこに水分を与えても

ほとんどが弾かれてしまいます。





ですが、オイルは油分なので

皮脂膜と馴染みがよく、

スキンケアの最後に使うと、

水分を取り込みながら

肌に浸透して
いきます。



この作用によって

化粧水や美容液の浸透力も

サポートしますし、


さらに油分によって

皮脂膜のバリア機能のサポートまで

行うので角質層から

水分が蒸発するのも防いでくれます。





このダブルのサポートが、

美容オイルの優れた

保湿効果となるのです。







美容オイル使用時の注意点



ただし、いくら美容オイルに

保湿ケアの効果があっても、

その力は100%ではありません。



オイルをつけると

肌がしっとりするので、

例え水分補給が不足していて

肌の内部が乾燥していても

気がつかないことがある
のです。



美容オイルは美容成分を

浸透しやすくしますが、

その量が不足していたら

保湿にはなりません。





また、植物由来のオイルであっても、

皮脂膜よりも水を弾く力は強いため、

一度オイルを塗ったお肌は

洗って落とすまで

水分は浸透しません




そのため乾燥を感じて

ウォーターミストなどを使っても、

水分を補給することが出来ず

乾燥肌になることもありますので

注意しましょう。