妊娠中の肌の乾燥 保湿クリームは影響はないの?



保湿クリームランキングおすすめ情報局




妊娠中の肌の乾燥 保湿クリームは影響はないの?


妊娠中の肌の乾燥 保湿クリームは影響はないの?
妊娠をすると、

女性ホルモンである

エストロゲンとプロゲステロンの

分泌量が急激に増えます。





それぞれのホルモンは

妊娠に関わる働きを持っていますが、

同時に肌の状態にも影響を与えます。







女性ホルモンが与える肌への影響



エストロゲンは

肌に潤いを与える

働きを持っているホルモンです。



エストロゲンの分泌が優位だと

肌が綺麗に整えられます。





ですが、妊娠中は

肌荒れを引き起こす

プロゲステロンの分泌量も増える
ので、

エストロゲンの働きを抑えてしまうため、

乾燥肌が起こりやすくなってしまいます。





また、妊娠中には

栄養はもちろん、水分もたくさん

胎児に補給するようになります。



そのため母体に必要な

水分が不足することも、

妊娠中の肌の乾燥の原因
となります。







妊娠中でも保湿クリームは影響なし!



乾燥肌は、胎児に直接悪影響を

与えるものではありませんが、

女性にとっては

やはり何とかしたいものですよね。



乾燥肌を改善するには、

化粧水や美容液だけではなく

保湿クリームでしっかり保湿を
しましょう。


妊娠中でも保湿クリームは影響なし!


よく、カラーリングやパーマは

妊娠中はしない方が

いいと言われるので、


赤ちゃんへの影響を考えて

肌に付けるものに対して

神経質になりがちですが、

保湿クリームは使っても問題ありません





カラーリングなどに使う液には

薬剤が含まれていますが、


保湿クリームには

薬剤は使われていないので、

胎児への影響はない
のです。





基本的に、普通の化粧品に

配合されている成分は、

例え化学物質であっても

毒性はほとんどありません。



皮膚から毒(添加物など)が浸透して

血管に取り込まれ、

胎児に悪影響を及ぼす説もありますが、


一般的に考えても

それだけ毒性があるなら

妊娠に関わらず

使用するのは危険です。







乾燥肌によるイライラはストレスの原因に



保湿クリームは

肌の保湿をするクリームであり、

薬効によって体の機能を

無理に変えるものではないので

安心して使いましょう。



逆に、肌が乾燥してかゆくなったり

荒れることで、

いらいらしたり

ネガティブになったりする方が、

赤ちゃんへのメンタル面に

影響を与えてしまいます。





それに妊娠中の乾燥肌を放っておくと、

その後もずっと

肌トラブルが続いてしまいます
から、

保湿クリームでしっかり

ケアをしておきましょう。