メイク前の保湿クリーム 化粧がよれない塗り方のコツ



保湿クリームランキングおすすめ情報局




メイク前の保湿クリーム 化粧がよれない塗り方のコツ



メイクのノリを良くして、

崩れにくくするためには、

しっかり保湿をすること


ポイントです。


メイク前の保湿クリーム 化粧がよれない塗り方のコツ


保湿を完璧にするには、

化粧水や美容液はもちろん、

仕上げに保湿クリームで

油分の膜を作ることが重要
です。





ただ、保湿クリームを使うと、

化粧がよれてしまう

悩みを持っている方も多いでしょう。





化粧品には、

油分がたくさん配合されているため、

同じように油分が多い

保湿クリームと重ねると

よれやすくなります。



そのため、メイク前の保湿クリームは

あえて省いてしまう方も

少なくないようですが、

それでは保湿ケアになりません。







保湿ができてないままメイクすると化粧崩れの原因に



化粧水や美容液をつけたばかりのお肌は

潤っていますが、

水溶性の成分は蒸発しやすいので、

油分でカバーしないと

肌の水分を巻き込んで

逃げてしまいます。



保湿ができていない肌は、

時間が経つほど乾燥していく
ため、

メイクが崩れやすくなります。





また、肌が乾くと

皮脂の分泌量が増えるので、

結果的には化粧が

よれてしまいますから、

保湿クリームで

しっかり保湿してベースを作りましょう








手のひらを使ってクリームを付けるのがコツ



化粧がよれない

保湿クリームの塗り方は、

手のひらを使うのがコツ
です。


手のひらを使ってクリームを付けるのがコツ


少量のクリームを手のひらにとり、

肌の温度で緩ませて

馴染ませやすくします。





クリームが緩んだら、

手のひらにいっぱいに広げて、

顔全体に乗せるようにつけて、

擦らないようにまんべんなく

伸ばして
ください。





次に、指の腹を使って、

目元や口元など乾燥しやすい部分に

丁寧に入れ込み
ます。





最後はまた手のひらで

保湿クリームを優しく押し込み

馴染ませれば、

肌にぴたっと密着して

油分も浮きません。





そして、少し時間を置いてから

メイクをすれば、

保湿クリームで

化粧がよれることはありません






保湿クリームがべたついて

化粧がよれるのは、

使う量が多すぎたり、


肌に馴染みにくい状態のまま

つけてしまうことが原因です。


手のひらを使ってクリームを付けるのがコツ


保湿クリームはあくまでも、

肌に薄い膜を張るのが目的です。



ですから、たくさん使う

必要はありません。



また、チューブやポットから出して

そのままつけると、

馴染むまでに時間がかかり

浮いてしまいます。





保湿クリームを正しく使えば

メイクがよれることはありません。



保湿クリームは

時間をかけて丁寧に

肌に馴染ませて
から

メイクをするように心がけましょう。