ワセリンの乾燥肌への効果 メリットとデメリットは



保湿クリームランキングおすすめ情報局




ワセリンの乾燥肌への効果 メリットとデメリットは



肌は排泄器官になるため、

皮脂膜などの

バリア機能が低下していると

内側の水分が蒸発してしまいます。


ワセリンの乾燥肌への効果 メリットとデメリットは


これを防ぐために

保湿クリームなどを用いて

肌に蓋をするのですが、


保湿クリームと同様の

効果を持つのがワセリン
です。





ワセリンには、

コーティング作用があり、

肌から水分が奪われるのを

防ぐ役割をしてくれる
ので、


水分保持機能が低下している

乾燥肌の悪化を防ぐ効果があります。







ワセリンには肌に負担になる成分が入ってない



ワセリンは、石油から不純物を

すべて取り除いた原料から

作られているので、

肌に負担となる成分が

まったく入っていない
ことが

メリットとしてあげられます。


ワセリンには肌に負担になる成分が入ってない


石油が原料というと不安になりますが、

シャンプーでも洗剤でも

界面活性剤などの原料で

使われているものですし、


不純物も綺麗に取り除かれているので

心配ありません。





普通の基礎化粧品には、

肌の機能を高める保湿成分が

配合されていますが、

その代わり添加物も

たくさん入っています。



添加物はテクスチャーを滑らかに、

もしくは固くしたりするために必要ですし、

油分と水分を混ぜ合わせるためにも

必要なものです。



しかし、添加物によって

肌トラブルが起きたり、

乾燥が悪化することもあります。





ワセリンには

添加物が入っていない
ので、

余計な負担を与えることも

刺激になることもありません。



ですので刺激に弱い乾燥肌でも

安心して使えるメリットが
あるのです。







ワセリンは肌表面に油膜を張る効果だけ



ただし、ワセリンの

コーティング作用によって

保湿の効果があるといっても、

肌の表面に油膜を張ることで、

角質に含まれる

水分の蒸発を防ぐだけ
です。



つまり肌内部の保湿力を高めたり、

水分保持成分を

増加させるわけではなく、

単体では乾燥肌を

改善できない
のがデメリットです。





ワセリンの乾燥肌への効果は、

あくまでも現状を維持して

悪化させないものです。





もし乾燥肌を改善するために

ワセリンを使っているとしても

効果は期待できません




ワセリンだけはなく

保湿成分が配合された

基礎化粧品をメインした

スキンケアを使うことが

乾燥肌の根本的な改善につながります。