保湿ケアにNGの成分 界面活性剤配合の保湿クリームには要注意



保湿クリームランキングおすすめ情報局




保湿ケアにNGの成分 界面活性剤配合の保湿クリームには要注意



界面活性剤とは、

本来は混ぜ合わさることがない

水分と油分を混ぜ合わせて

乳化するために使われる物質
です。


保湿ケアにNGの成分 界面活性剤配合の保湿クリームには要注意


洗剤だと、食器用洗剤や洗顔料、

シャンプーなどに使われていますし、


化粧品では、乳化だけではなく

保潤剤や分散剤として

化粧水や美容液、

そしてクリームにも使われます。





このように、日用品のほとんどに

使われる界面活性剤。



ですが、実は肌には

悪影響を与えます








界面活性剤にはタンパク質を溶かす性質が



界面活性剤は、タンパク質を

溶かす性質を持っているため、

使えば使うほど

肌が薄くなって
しまいます。



肌が薄くなれば、

本来持っている回復力や抵抗力、

保湿機能などが低下するので、

肌トラブルが起きやすくなります。


界面活性剤にはタンパク質を溶かす性質が


また、界面活性剤は

肌への浸透性が強く、

そのため皮脂膜など

バリア機能を破壊
します。



バリア機能が壊れると

細菌が侵入しやすくなったり、

繁殖して炎症を起こしたりするため、

ニキビや皮膚炎などを引き起こします。





さらに、水分保持機能も

失われてしまいますから、

乾燥肌や敏感肌の

原因にもなる
のです。







保湿クリームの界面活性剤は肌に悪影響



シャンプーなどのように

洗い流すものであれば、

肌への残留性は少ないので

界面活性剤は

悪影響というほどではありません。





しかし、保湿クリームのように

スキンケアの仕上げに使う

化粧品に配合されていると、


肌の一番上から

界面活性剤の

悪影響を与えてしまいます。



保湿クリームは

化粧水や美容液を

使った後に使うもので、


保湿クリームに

含まれる成分はもちろん、

化粧水や美容液の成分の効果まで

失わせてしまう
のです。





つまり保湿のためにつけたものが、

結果的に保湿効果を

奪ってしまうのです。







天然由来の界面活性剤配合の保湿クリームを



ただし、クリームを作るには

界面活性剤は絶対に必要です。



ですので、保湿クリームを

選ぶときには、


化学合成されたものではなく

天然の原料から作られた

界面活性剤が使われている

保湿クリームを
選びましょう。


天然由来の界面活性剤配合の保湿クリームを


合成界面活性剤は

たくさんの種類があるので、

名前を覚えるのは難しいでしょう。



ですので、


  • オレイン酸グリセリル

  • ジステアリン酸スクロース

  • リノール酸グリセリズ


など天然由来の界面活性剤の

名前を覚えておくといいですね。