夏の保湿クリーム 冬の保湿クリーム 選び方のポイント



保湿クリームランキングおすすめ情報局




夏の保湿クリーム 冬の保湿クリーム 選び方のポイント



肌というのは、

生活習慣や環境などによって

質が変化しますが、

季節も大きく関わっています。


夏の保湿クリーム 冬の保湿クリーム 選び方のポイント


例えば、冬には

ものすごく乾燥して

かかとがひび割れるのに、

夏になったら

いつの間にか治ったりします。



これは、季節で肌質が変わる

典型的な例ですが、

季節による変化は

顔の肌にも
起こります。





ですので、特に湿度や

気温が大きく変わる夏と冬は、

保湿クリームも変えて


保湿効果を

損なわないようにしましょう。







夏の保湿ケアの正しい方法



まず夏ですが、

夏は皮脂の分泌量も多くなりますし、

汗もたくさんかくので

つい保湿を怠ってしまいます。


夏の保湿ケアの正しい方法


ですが、いくら皮脂や汗が出ていても、

クーラーが効いている部屋の中は

湿度が低いため

肌の水分はどんどん奪われて
しまいます。



さらに、べたつくからといって

洗浄力の強い洗顔料を使ったり、

何回も顔を洗ったりすると

肌はより一層乾燥しやすくなります。





そのため、夏のお肌は

表面はべたついているのに、

肌の内側は乾燥する

インナードライになりがち
に。





ですので、夏でも

保湿クリームは必須
です。



ただいくら保湿をするにしても、

皮脂の分泌が盛んなので、

保湿クリームはセラミドなど

保湿成分はたっぷり入っていて、

油分の少ないものを
選びましょう。





油分が少ない保湿クリームは

さらっとした着け心地ですから、

肌に重くなく保湿をしっかり行えます。







冬の保湿ケアの正しい方法



逆に、冬は外も

空気が乾燥していますし

部屋の中も暖房で乾燥していて、

どんなシチュエーションでも

肌が乾燥しやすい環境
になります。





とにかく、冬場は常に

水分が奪われる環境にあるので、

保湿クリームは油分が多めのもの


選んでください。


冬の保湿ケアの正しい方法


もちろん、冬でも

セラミドが配合されている

保湿クリームが基本ですが、


油分が不足すると流れ出てしまうので、

べたつきが嫌いという場合でも

油分がたっぷり配合されている

保湿クリームを使いましょう








オイリー肌の人も冬の乾燥には要注意



オイリー肌の人にとっては

油分は不要と思うかもしれませんが、

冬は肌質を変えるほど

乾燥が強い
のです。



油分を補給しないと

オイリー肌であっても

乾燥肌や敏感肌になってしまう

現象があります。


オイリー肌の人も冬の乾燥には要注意


また、セラミド不足も

肌トラブルを招くので、

冬の保湿クリームは

セラミド配合に加えて

油分がしっかり入っている

保湿クリームを
選びましょう。