要注意!セラミドには種類がある 保湿効果のあるセラミドとは?



保湿クリームランキングおすすめ情報局




要注意!セラミドには種類がある 保湿効果のあるセラミドとは?



最近、セラミドを配合している

化粧品をよく見かけますが、

実はセラミドには種類があります。





表向きには単に

「セラミド配合」としか

書かれていないですが、


成分表示を見ると、

セレブロシドや

セラミドNS、

セラミド1  などの表記となっています。







セラミドの種類は4種類



セラミドは、大きく分けると

  • 天然セラミド

  • ヒト型セラミド

  • 植物性セラミド

  • 合成セラミド


の4つの種類があります。





天然セラミド


天然セラミドは

馬など動物の脊髄などから

抽出したセラミド
です。

天然セラミド

人間に存在するセラミドと

近い構成なので

浸透しやすい特徴があります。



また、保湿力も高いので

保湿効果のために

セラミドを補給するには

一番適していています。





天然セラミドは、成分表には

馬スフィンゴ脂質や

セレブロシド  と表記されています。





ヒト型セラミド


ヒト型セラミドは、

酵母を使って

人間が持つセラミドと

ほとんど同じ化学構造で

作られているセラミド
です。



人工的に作られているものですが、

酵母が原料なので

浸透力が高く保湿にも

優れた効果を持っている
のが特徴です。



ヒト型セラミドの表記は2種類で、

セラミド1やセラミド2というように

番号がついているもの、

または、セラミドEOSや

セラミドNP
などになります。





ちなみに、成分表示で

「セラミド」とつけられるのは

ヒト型セラミドです。





植物性セラミド


植物性セラミドは、

小麦胚芽や米ぬかなど

天然の植物原料から採れる油から

抽出したセラミド
になります。

植物性セラミド

植物由来なので、

天然セラミドやヒト型セラミドと

構造は異なりますが、

肌に優しいという特徴があります。



成分表上の表記は

植物性セラミドや

米ぬかスフィンゴ糖脂質 

というのが一般的です。





合成セラミド


合成セラミドは、

角質層のセラミドの

約2割を占めるセラミド2をモデルに

人工的に作られたセラミドです。


ヘキサデシロキシPG
ヒドロキセチルヘキサデカナミドなど

分かりにくい表記が特徴です。





合成セラミドは

セラミド2に似せて作られているので

保湿効果は高いものの、

天然ではないため浸透力が低く、

肌表面にしか効果がありません






ただ、合成セラミドは

天然のセラミドと違って

大量に生産できるので、

原価が安いことから

たくさんの化粧品に使われています。





ですが、いくらセラミドと

同じ効果を持っていても

合成セラミドは

角質層に浸透しにくい
セラミドです。



セラミドといえども、

合成セラミドは

保湿効果は劣るので注意してください。