要注意!肌の乾燥を悪化させてしまう…5つの原因



保湿クリームランキングおすすめ情報局




肌の乾燥を悪化させてしまう…5つの原因



きちんとスキンケアをしているのに

何故か乾燥してしまう、

乾燥が悪化した…
などの

悩みを持っている方も実は多いでしょう。


肌の乾燥を悪化させてしまう…5つの原因


肌の乾燥は

スキンケアでカバーできると

思われがちですが、

乾燥する原因は他にもあります。







肌が乾燥する原因① 空気の乾燥



1つ目は空気の乾燥です。



肌は常に空気にさらされていますが、

この空気の湿度によって

肌の乾燥が
起こります。



湿度が低く乾燥した空気は、

他から水分を奪う性質を持っているので、

肌の油分が少なかったり

バリア機能が低下していると

水分が奪われて乾燥します。







肌が乾燥する原因② 加齢



2つ目の原因は加齢です。



肌の一番表面にある角質層には、

角質細胞が

レンガ塀のように並んでいて、

その隙間をセラミドなどの

細胞間脂質が埋めています。



これがバリア機能となるもので、

さらに皮脂と汗が

混ざり合ってできる皮脂膜によって

肌の水分が保たれています。





しかし、バリア機能の要となる成分は

加齢とともに

分泌量が減少して
しまいます。



すると肌を保護する機能が

衰えてしまうため、

内部の水分が蒸発しやすくなり

乾燥がひどくなるのです。







肌が乾燥する原因③ 間違ったスキンケア



3つ目は間違ったスキンケアです。

肌が乾燥する原因③ 間違ったスキンケア

スキンケアは

化粧水、美容液、乳液、クリームを

使うのが基本です。



ですが人の好みによっては

クリームはべたつくから

使わないこともあります。



クリームは保湿を完了させる

大事なアイテム
なので、

それを使わない、間違ったケアが

肌の乾燥を引き起こします。







肌が乾燥する原因④ 紫外線



4つ目は紫外線です。



紫外線は角質層に

ダメージを与えて

保湿機能を低下させ
ます。

肌が乾燥する原因④ 紫外線

また、肌はダメージを

回復させるために

ターンオーバーを活発に行いますが、


まだ保湿機能が整っていない肌細胞を

角質層に押し上げるので、

結果的に水分保持が

できない肌になってしまいます。







肌が乾燥する原因⑤ 生活習慣の乱れ



5つ目の原因は生活習慣の乱れです。



食事が不規則だと

栄養バランスが崩れてしまい、

肌が栄養不足になります。



睡眠が不足すると、

ターンオーバーが低下したり、

肌細胞などを修復して

再生させる成長ホルモンの分泌量が

減少します。





つまりあらゆる面から

乾燥を引き起こす

要因となるのです。





このように、肌の乾燥を

悪化させる原因はいろいろあります。



乾燥肌を改善するには

これらの原因すべてを

取り除く必要があるのです。