乾燥肌を防ぐ!正しい入浴方法



保湿クリームランキングおすすめ情報局




乾燥肌を防ぐ!正しい入浴方法



入浴は、肌の汚れを

毛穴からしっかり落としてくれる

最高の美肌ケアです。



ですが、一歩間違えると

乾燥肌になってしまう
ので

注意しましょう。


乾燥肌を防ぐ!正しい入浴方法


入浴をするときは

保湿入浴剤を使ったり、

入浴後にすぐ

保湿クリームをつけてケアをすれば

大丈夫と思っている方も多いでしょう。





しかし、長湯をしてしまうと

いくら保湿入浴剤を使っていても、

皮脂膜が落ちて

セラミドなどの保湿成分が

流れ出て
しまいます。





また、熱いお湯で

しっかり汗をかいて

デトックスをしている、という方も

肌の乾燥に要注意です。



熱いお湯は肌から

水分を奪ってしまう
ので、

保湿クリームを塗っても

水分保持の効果はありません。







ぬるめのお湯で入浴しましょう



正しい入浴法は、

まずはお湯はぬるめの

38度から40度ぐらい


設定することです。

ぬるめのお湯で入浴しましょう

最初はちょっとぬるく感じられますし、

冬だと体が温まらないように思えますが、


15分ぐらい浸かっていると

じんわり汗が出て
きます。





この状態になれば

体の芯が温まっているので、

湯冷めする心配もありませんし、

必要以上に肌の水分が

奪われることもありません。







長湯も乾燥肌の原因になる



そして、もう一つ大事なのが

長湯をしないことです。



よくモデルさんなどは

1時間ぐらい半身浴をする、

なんて言っていますが、

これだけ長湯をすると

その後のケアがものすごく大変です。


長湯は乾燥肌の原因に


ただ保湿クリームをつけるだけでは

失った皮脂膜をカバー出来ません。



肌の乾燥を防ぐには

長くても20分ぐらいにしておきましょう。







ナイロンタオルでゴシゴシこすってはダメ!



そして、入浴ではありませんが、

体の洗い方にも気をつけたいですね。



一般的にナイロンタオルなどで

体を洗う方が多いと思いますが、


これでは皮脂を

落としすぎてしまいます。



お風呂に入るだけでも

十分に体の汚れは取れるので、

体を洗うときは

手で石鹸をよく泡立てて

撫でるようにして洗うのがベスト
です。





また、シャワーも水圧が強いと

肌に刺激となって

ダメージを与えてしまうので、

水圧は弱めにしてください。





正しい入浴方法を実践すれば、

入浴後は保湿クリームで

ケアするだけで

乾燥肌を防ぐことができるので、

今日から入浴を

見直してみてくださいね。