頬が乾燥しているときは顔全体が水分不足 今すぐ保湿ケアの徹底を



保湿クリームランキングおすすめ情報局




頬が乾燥しているときは顔全体が水分不足



顔はパーツごとに

皮脂腺の量が異なるので、

乾燥している場合でも

症状の現れ方が違い
ます。

頬が乾燥しているときは顔全体が水分不足

例えば、Tゾーンは

皮脂腺が多いため


乾燥してもべたつくので、

乾燥に気がつかないことも

少なくありません。





逆に、頬は皮脂の分泌量が少ないので

べたつくことはないものの、

もし乾燥していたら

顔全体の水分が

不足しているサイン
です。





頬は、顔の中でも

一番大きな面積を持っていますから、

そこがかさついたり

ハリを失っているのであれば、

他の部分の水分量も

減少してる可能性があります。







肌の乾燥は部位ごとに適したケアを



お肌の乾燥は

あらゆる肌トラブルの原因となる
ので、

すぐに保湿ケアを始めましょう。



顔全体が乾燥した場合の保湿ケアは、

部位ごとにケア方法を

変えるのがオススメ
です。


肌の乾燥は部位ごとに適したケアを


まず、Tゾーンは

皮脂の分泌量が多いので、

毛穴が詰まらないようにする対策


保湿に繋がります。



というのも、毛穴が詰まると

水分を補給できないので、

洗顔でしっかり皮脂を落としてから、

化粧水と美容液を付けます。



ただし、皮脂を

落としすぎるのも禁物なので、

不要な皮脂だけ取り除けるように、

アミノ酸系洗顔料など

肌に優しい洗顔を
心がけてください。





化粧水を付けるときは、

コットンパックなどで

たっぷり水分を補給
します。





Tゾーンの乾燥は

水分不足が原因ですから、

手で付けるのであれば、

1度馴染ませてから

もう1度化粧水を付けてください。



乳液は、肌の状態に合わせて

量を調節して、

付けすぎないように気をつけましょう。







頬や目元は水分と油分をしっかりと



頬を含むUゾーンと

フェイスライン、目元は

水分と油分を

しっかり与えて
ください。


頬や目元は水分と油分をしっかりと


Uゾーンのケアも

化粧水はコットンパックで

たっぷり付けて水分補給をして、

美容液も乾燥部分には

多めに付けてください。





油分は、肌が乾燥していると

馴染みづらいので

べたつくかもしれませんが、


それを嫌がって

少量しか付けないと

乾燥を改善できません。





Uゾーンの乾燥は

水分だけではなく

油分が足りていないことで起こる
ので、

乳液やクリームで

きちんとケアをしましょう。





パーツごとにケアを変えるのは

面倒かもしれませんが、

同じケア方法では効果がなく

全体が水分不足になるので、

それぞれの肌の状態に合わせて

保湿を行って
ください。